じょい整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報

ブログ&お役立ち情報

冷え性の人必見!保温効果バツグンの毛布の使い方

2019.11.14

今年はまだあったかい11月、これから急に寒い季節に突入しそうです。

 

毎年、寒さが厳しい12月〜3月の間は、寝室が冷えていて、なかなか眠れない人も多いのではないでしょうか?

 

朝もなかなか布団から出れなかったり、目覚まし時計を止めて、ついうっかり2度寝なんて声もよく聞きます。

 

特に冷え性の人は、手足がカチコチに冷たくてなかなか寝付けないため、悩ましい時期でもあるでしょう。

 

部屋を暖かくするために、暖房やストーブを使うのもアリですが、ウイルスの増殖や乾燥がちょっと気になるので、個人的にはあまりオススメはできません。

 

なので、今日は省エネかつ、コストをかけない対処法である、『毛布の使い方の一工夫』について書いていきます。

 

この毛布の使い方を実践していただくと、布団に入っている間はずっと暖かさがキープされているため、気持ちの良い状態で眠ることができます。

 

 

また、寒さのせいで低下しがちな睡眠の質を上げることができるので、ぜひ今日から試してみてください。

 

実はNG!毛布をカラダの上から掛けるのは逆効果!?

 

毛布のかけ方として、大体の人は羽毛布団と体の間に、毛布を使用しているかと思います。

ただ、羽毛布団の特徴として、人間の体温を感知して膨らみ、空気の層を作ることで保温性を高めるという効果があるので、毛布が間にあると体温を感知しにくくなり、保温の効果がかなり下がってしまうのです。

要は、毛布をどこで使うかが大切だということです。

 

保温効果バツグンの毛布の使い方は、カラダの下に引くこと!

 

 

寒い時期の上手な毛布の使い方はカラダの下に引くことです! カラダの下に引くことで、寝ている間に体から放出される熱を下から受け止めてくれるので、熱を逃がしにくくなり保温性が増します。

 

こうすることで、羽毛布団が体に直接触れることになるので、さらに保温効果も高まります。

イメージとしては、カラダに『フタ』をする感じですね。

さらに暖かくしたいという人は、掛布団の上にもう一枚毛布をかけましょう。

こうして「フタ」をすれば、上方向への放熱も防ぐことができます。

もし、カラダの下に毛布を引くことに違和感のある方は、断熱シートを使うのもアリです。

 

季節によって布団のかけかたを調節しよう!!

 

上の図のような毛布の使い方の順番で、寝床内の温度は変わるので、季節や自分の体質を考えてかけ方を変えてみることをオススメします。

実際私も冬は寝る時に、毛布を下に敷いているのですが、かなり暖かいです。

暖房も寝る時は使わずに住んでいるので、省エネですし、電気代もカットできますね!

ぜひみなさん今日から実践してみてくださいね。

なぜ、寝る時に”あったか靴下”を履いてはいけないのか?

2019.11.13

実は秋から冬にかけて
『眠れない』という女性が
増加してくるのですが

 

その原因の第1位は冷えによるものです。

 

冷え性って本当に深刻な人は深刻ですよね。

 

『入浴後なのにすぐ手足が冷えてしまう!』

『そもそも体が温まりにくい』

 

こんな悲痛な叫びを毎年耳タコのように聞きます。

 

で、そんな冷えが原因で
不眠傾向の女性がやりがちなNG習慣の一つに

 

『寝るときにソックスを履く』という行為があるので、今日はそのことについてお話を1つ。

 

 

いや、本当これダメなんすよ。

まさか、あなたのお母さんとか
靴下5枚重ねて寝てたりしないですよね?笑

 

足先が冷えるので
『あったかソックス』みたいなアイテムを
就寝中に使用している女性も多いのですが
これこそが睡眠の質を招く一番の原因です。

 

『え?どいうこと!?寒くて眠れないからそうしてるんだけど!!』

 

という声が聞こえてきそうなので、
ご説明すると、

 

人間がぐっすり眠って熟睡感を
体感するための決め手は

 

体温(深部体温)です。

 

体温は1日の中で1℃くらいの幅で
上がったり下がったりと変化します。

 

朝は低めで
活動的になる日中は高くなり
夜になるにつれてまた下がる

 

このリズムがヒトにとっては正常で
眠気が出るときは必ず体温は下がるようになっています。

 

例えば、赤ちゃんをイメージすると分かりやすいです。

 

赤ちゃんは眠たくなると
手足がポカポカしてきますよね?

 

それを見てお母さんは
『あらー、〇〇ちゃん眠くなったのねー』
と眠くなるタイミングを判断してるわけなのですが、

 

要は、この時赤ちゃんは手足から熱を逃がして
体温(深部体温)を下げているのです。

 

あとは、極点な話
雪山で遭難したら眠くなりますよね?
(したことないですよね、、笑)

 

あれも体温の下降のせいです。

 

なので、手足は体温を逃す機能を持っているので

 

冷え性で
手足が冷えるからといって

 

就寝中にまでソックスを履いて温めれば良い
というわけではないのです。

 

なので、あなたのお母さんがソックスを5枚くらい履いてたら、即注意してください!!笑

 

もし、あったかソックスを使用するなら
寝る前までにしましょう。

 

ちなみに冷え性を根本的に改善するなら
睡眠の質を上げるのはもちろんですが
運動は絶対に必要でしょう。

 

『歩かない、動かない』

 

この状態だと下半身の筋力が低下するので
熱を作る力が弱いです。

 

なので、年を重ねると体温も下がるし
お肉も落ちにくい、ダルダルな状態になります。

 

適度な運動で、お尻や太ももなどの
大きい筋肉を鍛えてあげると
熱を作ってくれるようになります^ ^

 

間違ったソックスの使い方は
今日から止めてみましょうね!

 

じょい整体整骨院でお役に立てることといえば

根本的に冷え性改善をすることです。

 

この冷え性に強いのが

東洋医学のチカラです。

東洋医学の中でもっとも冷えに強いのが

『お灸』です。

 

ツボをつかって正しい位置にお灸をすることで

体の循環を変えていきます。

 

さらに、この東洋医学に加えて効果を出すのが

『内臓調整』です。

じょい整体整骨院では、内臓調整という治療も出来ます。

関西でこれができる治療院は少ないです。

 

内臓の働きを正常にさせ、ホルモンバランスを整えます。

そうすることでカラダの巡りをよくしていきます。

 

プラスα治療で行う上でいいのが

『足湯』です。

 

なかなか家で足湯する機会や時間がないですよね。

足湯は、血流をよくするだけでなく、

水圧で、足の血液を心臓に返してくれます。

それだけでもカラダは軽くなりますので、じょいに来られた時は

足湯に入ってみたください。

 

今日の話があなたのお役に立てたら幸いです!

冷え性で眠れない人必見!冷えを加速させる食材とは?

2019.11.12

冬の寒さが厳しい時期の
眠れない原因の
第1位は『冷え』です。

 

『お風呂に入ったのに、ベッドに移動する頃にはもう手足が冷えてしまって、、』

こんなお声は患者様から良く聞きますし、

 

『あー、早くお布団が暖かくならないかなー。。』

こんな感じに手足をこすりつけながら
カラダを丸くしながら
暖かくなるのを待っている人も
多いんじゃないでしょうか?

 

特に、女性の方が男性より
冷えで悩む人が圧倒的に多く

 

女性の約7割が
冷えに悩んでいる
辛いと感じている
というデータが出ているくらいです。

 

理由としては、
・熱を作り出す筋肉が少ない
・皮膚の表面温度が低い
・月経の影響で貧血や低血圧の人が多い

このような理由が挙げられます。

 

ちなみに、
冬の時期に患者様と話していると

『冷えがヒドイので靴下5枚くらい履いて寝ています。』

 

こんな人がたまにいるんですが
これ、絶対にやめてくださいね。笑

 

夜間の体温調節がうまく出来なくなるので、
睡眠の質を下げる要因になります。

 

詳細の記事はこちらで↓↓


まさか寝る時にあったか靴下とか履いてないですよね?

 

で、今日の本題なのですが、

 

実は冷えの症状を強める食べ方・食材
というものがあるので
そのことについて書いていきます。

 

 

 

 

「この世のあらゆる事象は、「陰」と「陽」の相反する二つの性質を持ち、両者の調和によって世界が保たれている」

 

これは東洋医学の陰陽思想と呼ばれる考え方で、森羅万象万物には全て真逆な2つの性質があるということを言っています。

 

一例をあげると

・男と女
・夜と昼
・表と裏
・天と地

こんな感じでしょうか。

 

もちろん、私たちのカラダも例外では無く
冷えという悩みがあるのなら
暑い(火照る)という悩みもあるということです。

 

そして、大事なのが最後の一文で
『両者の調和によって保たれている』という部分。

 

要は、バランスが大事だということです。

 

マクロビやナチュラルハイジーン
糖質制限など

 

最新のダイエット法や健康法が流行るたびに
実践する人も多いと思うのですが、

 

本来取り組むにあたっては、
体質で考えなければいけないですし、
体調によっても変化させなければいけません。

 

 

簡単に言うと、『冷え』という状態が出ているのなら、真逆の『温める』という取り組みをする必要があります。

 

ここで今日の本題の
食材と食べ方の話になるのですが、

 

実は、女性が大好きな『果物』は
カラダを冷やす働きがあります。

 

東洋医学では、『冷』を陰性と表します。

 

例えば、暖かい南国の地域の人は
バナナ、マンゴー、キウイ、パイナップルなどの果物を食べますよね?

 

あれは、元々温暖な地域の人が
カラダを冷やすために発達した食文化なんです。

 

日本で、夏にスイカを食すのも
「熱」を「冷」で調和が取っているのです。

 

ただ、現代の女性は肉食をあまり好まず
生野菜や果物を美容食として多食する人が多いので、

ひたすら身体が陰性の冷えの方向に傾いている状況です。

 

※肉は血やエネルギーを作るのでカラダは陽性(温める)方に傾きます。

 

本来、野菜や果物を取り入れるときは
身体をあたためる性質の食べものと
組み合わせる必要があります。

 

ちなみに、
冷たい氷水を飲むと身体を10~20分くらい冷やしますが、果物を食べるとなんと身体を2~4時間冷やし続けます!!

 

食で全てが変わるとは限りませんが、
冷え症をつくり上げ、
いろんな慢性病の原因には食の偏りがあります。

 

あとは、お菓子、甘いものが好きな人も
冷えの症状は強くなります。

 

アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、喘息などのアレルギー症状

生理不順、子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症などの婦人病

皮膚病、胃腸病、頭痛、肩こり、腰痛、神経痛

 

これらは東洋医学の陰性に傾いた時の症状です。

 

今日の話をまとめると
冷えや睡眠の改善には食を一度
見直してみてはいかがでしょうか?

たくさんの患者様にじょい整体整骨院を選ばれる理由

2019.11.12

たくさんの患者様がじょい整体整骨院に来られる理由!

 

患者様の声の中である1つに

「ここに来たら良くなるから」という当たり前の言葉を良く聞きます。

逆に、初めて来院してお話を聞くと

「どこいっても良くならなかったから」というのも良く聞きます。

これが整骨院業界の現状です。

 

よく飲食店でも

「ドミノ風ドリア」などありますよね。

けど本場の人が来たら、全然違う!っていうものが良くあります。

 

これと同じで、治療業界においても

「治療風」が流行ってしまっています。

 

決まった治療を決まったようにする。

しんどいところは全然してもらえないし、問診もロクにせずに

患者様の顔も見らずに治療をする。

 

大勢の中の1人の患者さんで大事な1人として見てくれていない。

 

先生からしたら1日50人の患者様の1人

でも患者様にとったら、大事な1回の治療。

 

この当たり前の事がわからず

1回1回を大事にできていない整骨院、先生がいかに多いことか。。。

 

技術以前の問題ですね。

 

ただ、患者様の辛い症状改善には

やはり技術と経験がとても大事です。

 

じょい整体整骨院は施術者全員が5万回以上の治療実績を持っています。

 

 

じょい整体整骨院の特徴といえば

整体 × 整骨院

 

ただの整骨院ではありません。

 

整骨院のいいところは

身体の基礎知識を学び国家資格を持っているので

保険で治療をすることができます。

 

しかし、技術において学ぶことは少なく

現場で施術するには

勤務先や講習会に参加して学ぶ必要があり

学校とは別で学んでない方は技術が乏しい可能性が高いです。

 

続いて

整体はデメリットとしては

保険が使えないので料金が1万近く、高いというデメリットがあります。

 

ただ、料金が高い分、結果を出さないとリピートしてくれません。

なので、そのために技術力が高いことが多いです。

 
じょい整体整骨院では

整体と整骨院の良いところをとって

整体の技術を使って、患者様が通いやすくするために保険料金で治療を行っています。

 

筋肉や関節・神経・血流・リンパ・内臓調整・自律神経調整・睡眠

東洋医学・鍼灸・ツボ・経絡など

あらゆる分野に精通し、幅広い知識と技術で

患者様の抱える症状にあった治療を施します。

 

そうすることであなたの症状が最短で効率良く、

あなたの回復力を最大限に出していきます。

 

 

そもそも整骨院のお仕事とは。。。

患者様の問題解決です。

 

問題とは

不安・不満・悩み・痛み・解決したい問題・満たしたい欲求などがあります。

 

私たちは、それらの問題解決をするためには

決して、あなたより先に諦める事はありません。

 

問題解決のお役に立てれたらなと思います。

 

 

 

産後の骨盤矯正で失敗しない整骨院の選び方

2019.11.01

産後の骨盤矯正で整骨院を選ぶ3つのポイント

 

大阪の忠岡町にあるじょい整体整骨院の荒川内です。

 

産後の骨盤矯正で治療を受けるにあたって、整骨院選びに必要なことがあります。

 

それらを大きく3つのポイントに分けて解説していきます。

 

なぜ産後の骨盤矯正をした方がいいのか?

 

産後数ヶ月〜数年のお母さんから
よく聞くのは
「子どもを産んでから、体の調子が悪くなった。」
「体質が変わって太りやすくなった。」
というような声です。

 

産後の矯正をおろそかにしいていると
腰痛の出やすい体になる
下腹〜下半身が太りやすくなる
ホルモンが崩れて体調が崩れやすくなる
といった問題が起きてきます。

 

妊娠中に開いた骨盤を正しく戻さないと
その後のお母さんの体に大きな悪影響を残してしまうのです。

 

では産後の骨盤矯正で必要なことを解説していきます。

 

Point1:産後の骨盤矯正として、続けて通うことができる整骨院か?

 

第一前提としては、
続けて通いやすい整骨院であるかです。

 

ここでの問題は金額です。

 

子どもが生まれるとお金が掛かってきます。

 

できるだけ、出費は抑えたいのが本音ですよね?

 

実は骨盤矯正を受ける為の相場は
1500円〜3000円です。
それに加えて保険診療を頂くのが多いです。

 

産後の骨盤矯正は、きちっと結果を出すには
週1〜2回の施術が必要です。

 

となると金銭的にも通い続けると負担になりますよね。

 

通わなくなると結果、
骨盤の開きやゆがみが矯正されず
来なかったことと同じになります。

 

それでは意味ないですよね。

 

結構、これが原因で通わなくなることが多いんです。

 

じょい整体整骨院では
忠岡で唯一無料で骨盤矯正をしている整体整骨院です。

 

あなたが通いやすいところをしっかり探して通うようにしてくださいね。

 

Point2:産後の骨盤矯正をしっかり理解している整骨院なのか?

 

実は学校で産後の矯正を学ぶ訳ではありません。

 

なので、何かしら勉強しに学ばないといけないのですが
産後の骨盤矯正として学んだことがない先生が非常に多いです。

 

多くの先生がネットやYouTubeを見て見よう見まねで矯正しています。

 

私も情報収集として見ますが、正しい矯正方法を話しているのは
見当たらず、やはり有料で学ばないと本当の技術を得ることはできません。

 

それでは根拠のある治療にならず
改善の確率は落ちてしまいます。
産後の骨盤矯正についてしっかり理解している整骨院に行くのが
とても重要です。

 

じゃあどうやって見極めるのか。
これは実際行ってみないとわからない見極め方なんですが
いきなり骨盤を閉める矯正をするところは要注意です。

 

世の中に、産後は骨盤が開く=閉める必要がある
という部分だけが認識されています。

 

閉める矯正の前にまず矯正しなければならない場所があります。

 

いきなり骨盤を閉める矯正をするところは理解していません。

 

Point3:トレーニングケアまでしてくれるか?
産後になると弱っている筋肉があります。
そこを整えることがとても重要になります。

 

これは姿勢改善にとって重要で
多くの産後のお母さんは反り腰になっています。

 

この反り腰の改善が産後の矯正を完成させるには必要になります。
なので続けて通える整骨院を選びましょうね。

 

その反り腰を治すには鍛えないといけない筋肉があります。

 

あ、ちなみに

 

「腹筋」だけじゃだめですよ!

 

じょい整体整骨院では一緒についてトレーニングもしますし、
自宅でできるトレーニング方法も患者様に動画で提供しています。

 

まとめ

 

産後の骨盤矯正で整骨院を選ぶ3つのポイント

Point1:産後の骨盤矯正として、続けて通うことができる整骨院か?

 

Point2:産後の骨盤矯正をしっかり理解している整骨院なのか?

 

Point3:トレーニングケアまでしてくれるか?

 

せっかく治療受けるならしっかりと整えていきましょう(。-_-。)ポッ
■じょい整体整骨院 予約

忠岡町の南海本線忠岡駅から徒歩2分の所にある「じょい整体整骨院」です!

姿勢分析からの脊柱骨盤矯正

体の専門家による筋肉、関節の調整

鍼灸による東洋医学的アプローチ

この3つの治療を柱で患者様の最短最善で根本的治療します。

 

じょい整体整骨院

〒595-0805

大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-20-22

電話で予約 TEL 0725-31-3781

LINEで予約する

 

Instagram↓

https://www.instagram.com/joy.hiro/

 

睡眠力を上げる呼吸法を忠岡のじょい整体整骨院が解説します。

2019.10.29

忠岡で睡眠と身体のバランスの相談が多いじょい整体整骨院

では不眠症で悩まれている方が身体のバランスを整えによく来られます。

そんなときのひとつのアドバイスご紹介~

睡眠力を上げる呼吸法

睡眠力を上げる呼吸法をアップしました。

 

これは呼吸法だけではなく

ストレッチを行う際に必要なテクニックとなります!!

 

人間の体は酸素がとても重要で、

それは質のいい筋肉を作る上でも必要不可欠となります。

 

質のいい筋肉とは弾力性と柔軟性に満ちた筋肉です。

 

これがあることで、体のだるさや不調を未然に防ぐことができます。

 

ただストレッチをしても意味がない

体を柔らかくしようとしてストレッチをしてりしますよね?

でもただストレッチすればいいというわけではありません。

 

よくストレッチをしながら息を止める方がいます。

これは逆効果になり、柔軟性が上がりづらくなってしまいます。

 

ストレッチするときに大切なのは呼吸法です。

 

呼吸法をしっかり取りいえれることによって

効率よく柔軟性を上げることができます。

 

呼吸が浅いと筋肉が硬くなる

筋肉が硬いと体は自然と硬くなります。

 

あなたは深く呼吸をすることができていますか?

 

日常的に呼吸が浅い状態が続くと

筋肉が硬く疲労がたまったり、

痛めやすくなったりします。

 

さらに治療をしても回復しにくい体で

治療を受けてもなかなか変わらないという現象が起きてしまうのです。

 

呼吸が浅い人は睡眠も浅い

呼吸が浅い人は、睡眠も浅い傾向があります。

睡眠のコンサルティングをさせていただく機会があるのですが

呼吸法も取り入れています。

 

それぐらい呼吸はとても重要です。

 

呼吸が深くなれば体はよくなる

呼吸はいろんなことに影響していることは

おわりいただけたでしょうか?

 

呼吸を改善ることは健康な体を作るのには必須なのです。

この動画で質のいい体を手に入れましょう!!

 

ここで呼吸に関して悲しいお知らせがあります。

 

 

Googleでの検索は

忠岡 整骨院

上記クリックしていただけますとお問い合わせや予約、当院への道のりが簡単にわかります。

快眠には朝にアレを食べましょう

2019.10.22

快眠には朝にアレを食べましょう

実は快眠を取るための準備は朝から始まります。

朝にある栄養素を取ることで夜に睡眠ホルモンが出るため

快眠につながります。

 

そんな話を動画にしました。

 

 

忠岡 じょい整体整骨院の行き方

1 2 3 4 5 6 21

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0725313781

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒595-0805
大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-20-22
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線忠岡駅から徒歩2分 大阪信用金庫 ライフより徒歩30秒

0725313781

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
骨折・脱臼(オステオトロン)
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
ヘッドマッサージ
フットマッサージ
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
求人情報
WEB限定メニュー
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

じょい整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒595-0805
    大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-20-22

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線忠岡駅から徒歩2分 大阪信用金庫 ライフより徒歩30秒

エキテン口コミランキング1位
あいの泉クリニック 株式会社HCC
pagetop