じょい整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報 > 睡眠 > 【いったい、カフェインは何時まで飲んでいいの??】

【いったい、カフェインは何時まで飲んでいいの??】

2017.10.14

朝のコーヒーは私たちに活力を与えてくれますが、

夜などにカフェインを摂ると、眠りに深刻な影響をもたらせます。

朝のコーヒー1杯の重要成分であるカフェインは、私たちの目を覚まさせ、活力を蘇らせてくれる。しかし午後遅く、あるいは夜になってカフェインを摂ると、睡眠に深刻な影響が出ることがある。

2013年にウェイン州立大学とヘンリーフォード病院で合同研究を行った研究結果によれば、就寝6時間前のカフェイン摂取でも睡眠が1時間短くなる可能性があるという。

カフェインの効果は、私たちが思っている以上に長く続くようです。

最近では14時以降はできるだけカフェインを避けようという話もあります。

これはコーヒーだけでなく

 緑茶や紅茶、チョコレート、ココア、コーラ、一部の栄養ドリンクなどにも

カフェインが含まれています。

では、なぜ、カフェインが眠りに悪い影響をするのか?

カフェインとは脳を興奮させる刺激物質で覚醒作用があります。

人は起きて活動していると、

「アデノシン」と言われる睡眠物質が増えていきます。

これがある一定の量に達すると、人間は眠気を感じます。

これはアデノシンがアデノシン受容体に結合することで眠気が生まれます。

イメージでいうなら、アデノシンというボールをアデノシン受容体というグローブでキャッチしているイメージです。

しかし、カフェインを摂ると

アデノシンに邪魔をして、カフェインがアデノシン受容体に結合してしまい

アデノシンと結合できなくなってしまいます。

このカフェインのブロックが長くて4時間~6時間続きます。

寝る前に飲んでいいものでリラックスするのにいいものは

ハーブティーや麦茶、甜茶、ホットミルク、生姜湯なども良いですよ!!

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0725313781

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒595-0805
大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-20-22
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線忠岡駅から徒歩2分 大阪信用金庫 ライフより徒歩30秒

0725313781

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
骨折・脱臼(オステオトロン)
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
ヘッドマッサージ
フットマッサージ
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
求人情報
WEB限定メニュー
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

じょい整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒595-0805
    大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-20-22

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線忠岡駅から徒歩2分 大阪信用金庫 ライフより徒歩30秒

エキテン口コミランキング1位
あいの泉クリニック 株式会社HCC
pagetop