じょい整体整骨院トップページ > じょい整体整骨院通信 > 急性腰痛(ぎっくり腰)

急性腰痛(ぎっくり腰)

2021.11.28

先日、急性腰痛(ぎっくり腰)になったばかりの方が来院されました。

車に乗せてもらって来られたのですが、車から降りるにおりれない様子だったので、私が抱きかかえるようにして院内に入って頂き、そのままベッドで横になってもらいました。来る前に、安静にしながら、腰を冷やして来られたとのことだったのですが、まだ、かなり熱感があったので、再度、氷嚢で15分ほど冷やしました。

患部は、痛みがかなり強く、初めの熱感から、かなり炎症も強いと判断したので、手技では周りの、背部、臀部、大腿部をしっかりほぐし、その後、腰は超音波で緩めていきました。治療後は、自力で立ち、待合までゆっくり1人で歩けました。初めに着けていたコルセットが合っていない感じだったので、合ったサイズの物をつけてもらい、帰りは、自力でお迎えの車の所まで歩いて行かれました。4日後、仕事に復帰されたようです。

今回の方は、テーブルに置いていた携帯電話を取ろうとして、やや斜めに屈んだ状態で手を伸ばした時に、ギクッとなったようです。

ギックリ腰といえば、重い物を持った時などになることが多いというイメージがあると思いますが、実は、それ以外の、日常のなにげない動きでなることも多いです。

日頃から、腰痛がある方やギックリ腰になったことがある方(私も高校生の時になりました)は、重い物を持つ時などは、注意して持つので、意外と大丈夫なことも多く、それよりも、顔を洗う時、うがいをする時、椅子から立つ時、咳やくしゃみをする時、朝起き上がる時など、普段、毎日してるような動きでなってしまうことが意外と多いです。

育児をされてる方は、前屈みになることが多いので、いつでも腰を痛める可能性があります。子供を抱き上げる時はもちろんですが、それ以外の何気ない動きにも気を付けてください。

ギックリ腰といっても、今回の方のように、自力で全く立てない動けない、横になるのも痛くて辛いような、非常に症状が重いケースは、先ずは、安静にしてアイシングをすることが大事ですが、立つ時はかなり痛いが、歩くのはある程度できるケース、なんとか立てるが、歩こうとしても足が前に出せないケース、痛みは強いが、ある程度の動きはできるケースなど、様々ありますので、治療の仕方も変わってきます。

また、受傷直後の症状の重い状態では、安静が大事と言いましたが、長すぎる必要以上の安静は、筋肉などがより硬くなってしまい、かえって回復の妨げになってしまうこともあります。

当院では、それらを判断し、手技、鍼灸、超音波、矯正、テーピング、ストレッチなど、患者様それぞれに最適の治療をしていきます。

受傷された方は、先ず、ご連絡ください。

 

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0725313781

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒595-0805
大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-20-22
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線忠岡駅から徒歩2分 大阪信用金庫 ライフより徒歩30秒

0725313781

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
骨折・脱臼(オステオトロン)
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
ヘッドマッサージ
フットマッサージ
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
求人情報
WEB限定メニュー
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

じょい整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒595-0805
    大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-20-22

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線忠岡駅から徒歩2分 大阪信用金庫 ライフより徒歩30秒

エキテン口コミランキング1位
あいの泉クリニック 株式会社HCC
pagetop