じょい整体整骨院トップページ > 未分類

未分類

冷え性の人必見!保温効果バツグンの毛布の使い方

2020.02.04

今年はまだあったかい11月、これから急に寒い季節に突入しそうです。

 

毎年、寒さが厳しい12月〜3月の間は、寝室が冷えていて、なかなか眠れない人も多いのではないでしょうか?

 

朝もなかなか布団から出れなかったり、目覚まし時計を止めて、ついうっかり2度寝なんて声もよく聞きます。

 

特に冷え性の人は、手足がカチコチに冷たくてなかなか寝付けないため、悩ましい時期でもあるでしょう。

 

部屋を暖かくするために、暖房やストーブを使うのもアリですが、ウイルスの増殖や乾燥がちょっと気になるので、個人的にはあまりオススメはできません。

 

なので、今日は省エネかつ、コストをかけない対処法である、『毛布の使い方の一工夫』について書いていきます。

 

この毛布の使い方を実践していただくと、布団に入っている間はずっと暖かさがキープされているため、気持ちの良い状態で眠ることができます。

 

 

また、寒さのせいで低下しがちな睡眠の質を上げることができるので、ぜひ今日から試してみてください。

 

実はNG!毛布をカラダの上から掛けるのは逆効果!?

 

毛布のかけ方として、大体の人は羽毛布団と体の間に、毛布を使用しているかと思います。

ただ、羽毛布団の特徴として、人間の体温を感知して膨らみ、空気の層を作ることで保温性を高めるという効果があるので、毛布が間にあると体温を感知しにくくなり、保温の効果がかなり下がってしまうのです。

要は、毛布をどこで使うかが大切だということです。

 

保温効果バツグンの毛布の使い方は、カラダの下に引くこと!

 

 

寒い時期の上手な毛布の使い方はカラダの下に引くことです! カラダの下に引くことで、寝ている間に体から放出される熱を下から受け止めてくれるので、熱を逃がしにくくなり保温性が増します。

 

こうすることで、羽毛布団が体に直接触れることになるので、さらに保温効果も高まります。

イメージとしては、カラダに『フタ』をする感じですね。

さらに暖かくしたいという人は、掛布団の上にもう一枚毛布をかけましょう。

こうして「フタ」をすれば、上方向への放熱も防ぐことができます。

もし、カラダの下に毛布を引くことに違和感のある方は、断熱シートを使うのもアリです。

 

季節によって布団のかけかたを調節しよう!!

 

上の図のような毛布の使い方の順番で、寝床内の温度は変わるので、季節や自分の体質を考えてかけ方を変えてみることをオススメします。

実際私も冬は寝る時に、毛布を下に敷いているのですが、かなり暖かいです。

暖房も寝る時は使わずに住んでいるので、省エネですし、電気代もカットできますね!

ぜひみなさん今日から実践してみてくださいね。

忠岡町のじょい整体整骨院が解説する 雨の前に頭痛が出る人のための鍼灸治療と予防対策

2020.01.20

忠岡で頭痛の悩みの相談の多いじょい整体整骨院

 

「雨の日になると痛くなるんです。」

とか

「雨の日の前になると頭痛が出てくるんです。」

というのは治療院に働いていると良く聞く症状です。

これを読んでいる方はそういった経験をされたことがある方も少なくはないのではないでしょうか?

雨の日または雨の前の日に症状が出るのはいったい何故なのか?

それをご存知でしょうか?

最近ではこのブログを閲覧される方の中に
治療院で勤めている方が増えてきています。

治療院で働かれている方
この現象をしっかり説明できていますか?

よくうちの患者様で、この話になって明確に答えると
どこにいってもちゃんと説明されたことなくてここが初めてです。
と言われます。

原因と理屈がわかれば自然と対策も見えてきます。

なので今回の記事では
原因と対策をしっかりお伝えしようと思います。

まぁ一般の治療院でこの話題になると必ずと言って言われるのが
「気圧のせいですね」という反応です。

だからそれがどうなるの?ってかんじですよね??

私の性格上の関係かもしれませんが、「なぜ?」をそのまま放置できないタイプなので
いろいろと調べます。

この話題ってたぶん10年以上治療経験があれば
何百回と聞く話です。

それを「気圧のせい」だけで理由を調べることをスルーし続けている治療家がかなり多いです。

で、どうするの?って感じですよね。

スルーしてはいけないですよ。

では本題に入っていくのですが
「気圧のせい」は半分正解ですね。

なんで半分かというと気圧のせいで雨の地域の人が全員頭痛くなるわけではないですよね。
だから半分正解です。

じゃあ気圧のせいで頭痛が出るのはなぜなのか?
それについて解説していきます。

気圧が下がると頭痛が出るのですが、
気圧ということは圧が上がったり下がったりするということで
これが関係するのですが、体でお話しする前に
イメージしやすいように

飛行機にポテトチップス持って行ったとするじゃないですか?

袋開けない状態で上空にいったらどうなるか知ってますか?

上空に行くとポテトチップスの袋はパンパンに膨らみます。

これは外気の圧が下がることで内圧(袋の中の圧)が上がります。

それでパンパンに膨れます。

これと同じような現象が体の中で起きるのですが
もちろんポテトチップスの袋とは比べ物にならないぐらいわずかに圧がかかります。

雨の日は気圧が下がりますよね。

そうすると筋肉や血管の中には内圧があるのですが
さっきの例と同じように膨らみます。

血管よりも圧倒的に多い筋肉が傍聴することで
結局血管が押し返されて、縮こまります。

血管が縮こまると血流の流れが悪くなります。

血流の流れが悪いと血液の中に酸素が含まれているのですが
それが脳へ流れにくくなります。

要は頭の中が酸欠状態になるんですね。

そうすると頭痛を引き起こしたり
めまいになったりします。

もともと筋肉にハリがあった方や、呼吸が浅い方が特になりやすいですね。

この場合の鍼灸治療はツボを狙いながら、
血流の流れを良くします。

頭の筋肉の膨張による血管や神経の圧迫のパターンもあるので
頭周りもハリをすることが多いです。

もう少し詳しくお伝えしたいのですが
確かな情報もあるため、調べ直してから後日追記します。

雨の前の頭痛からおさらばする生活をしましょう!!

深呼吸する癖つけてくださいね(。-_-。)ポッ

 

Googleでの検索は

忠岡 整骨院

上記クリックしていただけますとお問い合わせや予約、当院への道のりが簡単にわかります。

▼産後における正しいルール・ダイエット方法

2020.01.07

▼産後における正しいダイエット方法・ルール

①母乳の質が悪化しないように気を配る

 

あまりにもストイックなダイエットを行うと、
母乳の質が悪化して赤ちゃんの生育に問題が生じます。

授乳中は、3度の食事と間食に気をつけて、
体重が増えるほど食べ過ぎていなければOKぐらいの感覚で、
ゆっくりと体重を落としていったほうが、リバウンドも少ないです!

母乳育児をしているなら、
無理なカロリー制限は母乳が止まってしまう原因になるので注意が必要!!

オメガ脂肪酸というものが母乳の中にも存在し、
授乳期の赤ちゃんの脳や体の発育にも欠かせない脂肪酸。
脂質を必要以上に制限するのはよくないです。

②出産後すぐは行わないようにする

 

産後は、
妊娠中の体から妊娠前の体に戻ろうとするので、
さまざまな変化があります。

これが「産後の肥立ち」であり、
とても大切な時期です。

子宮やホルモンバランスなど、
妊娠前の状態に戻ろうと、急激に体に変化が現れてきます。

このとき精神的にも不安定になりやすく、
ひどくなると産後うつにつながってしまいます。

産後一ヶ月は体力を回復させる時期であり、
授乳などもあるため、無理は身体に毒です。

そのため、なるべくは安静にしていることや、
栄養バランスに気をつけるなどに注意しながら、
本来の調子を取り戻す必要があります!!

③栄養バランスをしっかり保つ

 

なんども話しますが、栄養がとても大事!!
栄養のバランスはしっかり保つようにして、
量を少し減らし運動でカロリー消費するようにしましょう。

まず栄養バランスの良い食事を3食しっかり摂り、
産後の体の回復を最優先にしましょう。

産後に摂取カロリーをカットするダイエットは厳禁です。

産後ダイエットでは、
食事は普通食にして間食を出来るだけ控えるようにしておくのがコツです。

食事のバランスが崩れていると筋肉を引き締めてもすぐに体重増加や
産後太りに繋がってしまう

④白湯を上手に利用する

 

白湯とは一度沸かしたお湯を少し冷ましたものです。
普通のお湯ですね。

白湯(さゆ)を飲むと血液の循環が良くなり、新陳代謝がアップします。
すると体の脂肪が落ちやすくなるのです。

白湯を飲むコツ
1.300㏄のお湯を沸騰させます。
2.そのお湯を、40~50度まで下げます。(お風呂より熱いくらいの温度です。)
3.できた白湯を、10分かけてゆっくり飲みます。

*ポイント
※一日に3~4杯程度にしましょう。
※食事前や運動前が効果的です。
特に朝、運動前、入浴前をポイントにして飲みましょう。

⑤食事の量は「朝が多くて夜が少ない」のが基本

 

朝食はしっかり摂取して、夜は少な目となるようにしましょう。

ダイエット中は、夜より朝にたくさん食べるようにする。

特に夜遅い時間の食事や間食は、寝てる間に脂肪として蓄積されやすいです!
炭水化物は、朝食、昼食で摂り
夜は摂っても、なるべく量を少なめにします。

油分を多く含む食品や、揚げ物などは、食べたくなったら極力夕食時は避けて
朝食か昼食で摂るようにしましょう!!

どうしてもおやつが食べたくなったときには、
小魚類、チーズ、プルーンなどを、少量で
ゆっくりと時間をかけて食べるようにします。

そして、遅い時間の間食は、避けるように心掛けましょう。

⑥激しい運動は避ける

 

激しすぎる運動は母体への悪影響が懸念されるため行わないようにしましょう。
出産後の間もない頃に、
激しい運動を急に行なうことは絶対に避けてください。
産後の疲労が残っている段階では、
まだ体が正常といえない状態ですし、
抵抗力が低下しています。

その段階で、激しく体を動かしてしまうと、
まざまな疾患を起こす恐れもあります。

出産直後は、複式呼吸や胸式呼吸から始めましょう♪

日本一小さな町
忠岡町にあるじょい整体整骨院
身体のケア、美容、睡眠についての内容を
タイムラインで発信中〜
LINE@に登録してくださいね♪♪
登録者には
🎁無料動画プレゼント🎁
身体のケア、睡眠について
動画サイトを無料で公開します。

■じょい整体整骨院 予約

忠岡町の南海本線忠岡駅から徒歩2分の所にある「じょい整体整骨院」です!

姿勢分析からの脊柱骨盤矯正

体の専門家による筋肉、関節の調整

鍼灸による東洋医学的アプローチ

この3つの治療を柱で患者様の最短最善で根本的治療します。

 

じょい整体整骨院

〒595-0805

大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-20-22

電話で予約 TEL 0725-31-3781

LINEで予約する

 

Instagram↓

https://www.instagram.com/joy.hiro/

 

産後の骨盤矯正で失敗しない整骨院の選び方

2019.12.03

産後の骨盤矯正で整骨院を選ぶ3つのポイント

 

大阪の忠岡町にあるじょい整体整骨院の荒川内です。

 

産後の骨盤矯正で治療を受けるにあたって、整骨院選びに必要なことがあります。

 

それらを大きく3つのポイントに分けて解説していきます。

 

なぜ産後の骨盤矯正をした方がいいのか?

 

産後数ヶ月〜数年のお母さんから
よく聞くのは
「子どもを産んでから、体の調子が悪くなった。」
「体質が変わって太りやすくなった。」
というような声です。

 

産後の矯正をおろそかにしいていると
腰痛の出やすい体になる
下腹〜下半身が太りやすくなる
ホルモンが崩れて体調が崩れやすくなる
といった問題が起きてきます。

 

妊娠中に開いた骨盤を正しく戻さないと
その後のお母さんの体に大きな悪影響を残してしまうのです。

 

では産後の骨盤矯正で必要なことを解説していきます。

 

Point1:産後の骨盤矯正として、続けて通うことができる整骨院か?

 

第一前提としては、
続けて通いやすい整骨院であるかです。

 

ここでの問題は金額です。

 

子どもが生まれるとお金が掛かってきます。

 

できるだけ、出費は抑えたいのが本音ですよね?

 

実は骨盤矯正を受ける為の相場は
1500円〜3000円です。
それに加えて保険診療を頂くのが多いです。

 

産後の骨盤矯正は、きちっと結果を出すには
週1〜2回の施術が必要です。

 

となると金銭的にも通い続けると負担になりますよね。

 

通わなくなると結果、
骨盤の開きやゆがみが矯正されず
来なかったことと同じになります。

 

それでは意味ないですよね。

 

結構、これが原因で通わなくなることが多いんです。

 

じょい整体整骨院では
忠岡で唯一無料で骨盤矯正をしている整体整骨院です。

 

あなたが通いやすいところをしっかり探して通うようにしてくださいね。

 

Point2:産後の骨盤矯正をしっかり理解している整骨院なのか?

 

実は学校で産後の矯正を学ぶ訳ではありません。

 

なので、何かしら勉強しに学ばないといけないのですが
産後の骨盤矯正として学んだことがない先生が非常に多いです。

 

多くの先生がネットやYouTubeを見て見よう見まねで矯正しています。

 

私も情報収集として見ますが、正しい矯正方法を話しているのは
見当たらず、やはり有料で学ばないと本当の技術を得ることはできません。

 

それでは根拠のある治療にならず
改善の確率は落ちてしまいます。
産後の骨盤矯正についてしっかり理解している整骨院に行くのが
とても重要です。

 

じゃあどうやって見極めるのか。
これは実際行ってみないとわからない見極め方なんですが
いきなり骨盤を閉める矯正をするところは要注意です。

 

世の中に、産後は骨盤が開く=閉める必要がある
という部分だけが認識されています。

 

閉める矯正の前にまず矯正しなければならない場所があります。

 

いきなり骨盤を閉める矯正をするところは理解していません。

 

Point3:トレーニングケアまでしてくれるか?
産後になると弱っている筋肉があります。
そこを整えることがとても重要になります。

 

これは姿勢改善にとって重要で
多くの産後のお母さんは反り腰になっています。

 

この反り腰の改善が産後の矯正を完成させるには必要になります。
なので続けて通える整骨院を選びましょうね。

 

その反り腰を治すには鍛えないといけない筋肉があります。

 

あ、ちなみに

 

「腹筋」だけじゃだめですよ!

 

じょい整体整骨院では一緒についてトレーニングもしますし、
自宅でできるトレーニング方法も患者様に動画で提供しています。

 

まとめ

 

産後の骨盤矯正で整骨院を選ぶ3つのポイント

Point1:産後の骨盤矯正として、続けて通うことができる整骨院か?

 

Point2:産後の骨盤矯正をしっかり理解している整骨院なのか?

 

Point3:トレーニングケアまでしてくれるか?

 

せっかく治療受けるならしっかりと整えていきましょう(。-_-。)ポッ
■じょい整体整骨院 予約

忠岡町の南海本線忠岡駅から徒歩2分の所にある「じょい整体整骨院」です!

姿勢分析からの脊柱骨盤矯正

体の専門家による筋肉、関節の調整

鍼灸による東洋医学的アプローチ

この3つの治療を柱で患者様の最短最善で根本的治療します。

 

じょい整体整骨院

〒595-0805

大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-20-22

電話で予約 TEL 0725-31-3781

LINEで予約する

 

Instagram↓

https://www.instagram.com/joy.hiro/

 

たくさんの患者様にじょい整体整骨院を選ばれる理由

2019.11.12

たくさんの患者様がじょい整体整骨院に来られる理由!

 

患者様の声の中である1つに

「ここに来たら良くなるから」という当たり前の言葉を良く聞きます。

逆に、初めて来院してお話を聞くと

「どこいっても良くならなかったから」というのも良く聞きます。

これが整骨院業界の現状です。

 

よく飲食店でも

「ドミノ風ドリア」などありますよね。

けど本場の人が来たら、全然違う!っていうものが良くあります。

 

これと同じで、治療業界においても

「治療風」が流行ってしまっています。

 

決まった治療を決まったようにする。

しんどいところは全然してもらえないし、問診もロクにせずに

患者様の顔も見らずに治療をする。

 

大勢の中の1人の患者さんで大事な1人として見てくれていない。

 

先生からしたら1日50人の患者様の1人

でも患者様にとったら、大事な1回の治療。

 

この当たり前の事がわからず

1回1回を大事にできていない整骨院、先生がいかに多いことか。。。

 

技術以前の問題ですね。

 

ただ、患者様の辛い症状改善には

やはり技術と経験がとても大事です。

 

じょい整体整骨院は施術者全員が5万回以上の治療実績を持っています。

 

 

じょい整体整骨院の特徴といえば

整体 × 整骨院

 

ただの整骨院ではありません。

 

整骨院のいいところは

身体の基礎知識を学び国家資格を持っているので

保険で治療をすることができます。

 

しかし、技術において学ぶことは少なく

現場で施術するには

勤務先や講習会に参加して学ぶ必要があり

学校とは別で学んでない方は技術が乏しい可能性が高いです。

 

続いて

整体はデメリットとしては

保険が使えないので料金が1万近く、高いというデメリットがあります。

 

ただ、料金が高い分、結果を出さないとリピートしてくれません。

なので、そのために技術力が高いことが多いです。

 
じょい整体整骨院では

整体と整骨院の良いところをとって

整体の技術を使って、患者様が通いやすくするために保険料金で治療を行っています。

 

筋肉や関節・神経・血流・リンパ・内臓調整・自律神経調整・睡眠

東洋医学・鍼灸・ツボ・経絡など

あらゆる分野に精通し、幅広い知識と技術で

患者様の抱える症状にあった治療を施します。

 

そうすることであなたの症状が最短で効率良く、

あなたの回復力を最大限に出していきます。

 

 

そもそも整骨院のお仕事とは。。。

患者様の問題解決です。

 

問題とは

不安・不満・悩み・痛み・解決したい問題・満たしたい欲求などがあります。

 

私たちは、それらの問題解決をするためには

決して、あなたより先に諦める事はありません。

 

問題解決のお役に立てれたらなと思います。

 

 

 

忠岡町のじょい整体整骨院がオススメする うつ病から明るい生活を取り戻す鍼灸治療

2019.07.09

忠岡で自律神経の問題を解決しているじょい整体整骨院

「うつ」

現代社会の問題の一つであるうつ病ですが、

ストレス社会と言われ、自殺などの原因にもなっていますね。

 

うつ病と睡眠障害は密接な関わりがあり

 

うつの方のほとんどが睡眠障害に掛かっています。

寝付けないであったり、途中で目が覚めたり

熟睡感がなかったり、朝起きても疲れている。

 

そしてじつは睡眠が悪いことによって

セルフイメージが下がります。

セルフイメージとは自己評価が低くなって

自信がなかったりします。

 

他には感情を抑えられなくなったりもします。

 

ときには

周りが敵に見えることもあります。

 

睡眠が悪いことでうつになる方も少なくはないです。

 

僕も過去の自分は睡眠不足が続き

周りが敵に見えるような感覚になったことがあります。

 

そのときには自分では、そうなっていることに客観的に見ることができなくて

いろんな物事に対してマイナスに考えてしまったりしてしまっていました。

 

睡眠を変えることもうつからの脱出に必要不可欠になります。

 

さらには

自律神経はほぼ乱れている状態です。

なので自律神経を整えなければならないです。

 

そこから

鍼灸治療はそういった自律神経の改善と睡眠の改善をしていくことが出来ます。

では

実際どういった治療をしていくのかというと

鍼のみ、灸のみ、鍼灸併用の3パターンがあるのですが

オススメは鍼灸併用パターンです。

 

この併用は足し算というよりは感覚で言えば

掛け算のように効果が上がります。

 

どこに何をしていくのかというと

うつ伏せでまずは背中にお灸をしていきます。

背中にはツボがたくさんあり、自律神経を整えてくれるツボが非常に多いです。

 

もともと背骨のラインは自律神経と密接な関係がありますので

そこを考えても、自律神経を整えるのに必要なポイントになります。

 

背中のライン(脊柱起立筋)と呼ばれる筋肉に合わせてお灸を据えていきます。

 

数で言うと左右合わせて約12個お灸をします。

結構多い方ですね。その分ツボがたくさんあるのでそれを考えると少ない方かもしれません。

 

そこにお灸をしながら次のポイントは頭です。

 

頭にもたくさんツボがあるのでそこを狙っていきます。

 

頭はお灸では髪が燃えてしまうのでもちろん鍼を使います。

 

目的を考えても鍼が相性いいです。

 

頭のツボや反応点に鍼をしていきます。

 

鍼灸師の方が見ている方のために説明すると

今回のお灸は補法で、鍼は瀉法です。

お灸で弱っているところを補うので、ツボを探しながら凹みがあるポイントにお灸をして補ってあげてください。

 

頭の鍼は瀉法で、ツボだけでなく反応点(硬くなっているところ)を重点的にやってあげてください。

 

そうすることで自律神経は整い、睡眠も良くなるし、うつという精神症状にも効果が見込めます。

 

ぜひ鍼灸治療で明るい未来を手に入れてください。

 

じょい整体整骨院で鍼灸を受ける方はこちらをクリック
→→じょい整体整骨院←←

〜鍼灸院の選び方〜

2019.07.02

鍼灸院の5つの選び方

「鍼灸してるとこっていっぱいあるけど

どこ選んだらいいのかわからないです。。」

 

そんな声を以前に友人から聞いたことがありました。

 

たしかに鍼灸院だけではなく

忠岡でも整骨院や整体院、最近ではマッサージ屋さんも

いっぱいありすぎて、どこに行けばいいのかわからないですよね。

 

そんな方のために、

今日は鍼灸を受けたいなと思われる方へ

絶対に選んではいけない鍼灸院の見分け方を解説していきたいと思います。

 

このブログを読まれる方は

今まで鍼灸を受けたことがある。

または

今、鍼灸の治療を受けている

もしくは

これから鍼灸治療受けようか迷っている方かなと思います。

 

今では鍼灸院というよりかは

整骨院で鍼灸をされているところも

多いと思います。

 

実費で鍼灸をするところもあれば

正式に医師から認められて

保険で鍼灸治療しているところもあると思います。

 

そんな中、鍼灸を受ける上で

事故が起きるということも業界でいると耳にします。

 

事故が起きる特徴も含めて、

こんな鍼灸院(鍼灸整骨院)は選んではいけないというところを解説していきます。

 

①選んではいけない鍼灸院その1

鍼を刺したまま5分10分置く鍼灸院

これはもっとも多くある治療法ですね。

 

正直、このやり方はかなり古いです。

 

未だにやっているところが多くて不思議なのですが

これは時間稼ぎと、長い時間やった方が

患者様も満足するかなという謎の理由で

やってしまう鍼灸師が多いです。

 

そしてさらに恐ろしいことに

気を抜いた鍼灸師さんの場合

刺して置いていた鍼を抜き忘れるという事故が

かなーり多いです。

 

鍼刺さったまま患者様が帰って家で気づく場合もよくあります。

 

恐ろしくないですか?

 

古い治療法で、効果も低いし、事故も起きる。

いいこと全くなしの治療法です。

こんな鍼灸院はやめておきましょう。

 

②選んではいけない鍼灸院その2

回数券販売をする鍼灸院。

これは鍼灸院にかぎらず、整骨院や整体院でも増えてきていますね。

10回の回数券を買ったら11回分受けれますみたいなやつですね。

 

これはリラクゼーション(マッサージ、エステ)とかなら全然問題ないと思うのですが、

皆さんはリラクゼーション目的ではなくて、治療目的ですよね。

 

治療で良くなるには2回、3回で良くなる方もいれば

15回ぐらい治療が必要な方います。

 

早く治ったらその回数券は必要なくなりますし

それ以上掛かってもキリ良く回数券使い終わるタイミングで治るわけでもないですよね。

 

ビジネスとして回数券戦略を取ってみたのだと思いますが

患者様のための戦略とは言い難いですね。

 

あと回数券についての余談ですが、

腹筋の電気をあててダイエットにする機会があるのですが

あれで儲かるのは機械の製造会社と代理店で

知識の少ない先生がカモにされているパターンが多いです。

 

導入直後は売上が上がりますが

その後どんどん低迷していくパターンで、

整骨院経営もきつくなります。

 

患者様が整骨院・鍼灸院に対して月いくら使う買っているのは大体決まっています。

例えば今まで月8回通っていたとして

電気トレーニングのために余分にお金を出したことで

来院自体の回数が月8回から4回になったり

回数が減って、結局、治療院側は売上は上がらず潰れてしまう。

そんなパターンが良くあって、

治療院が潰れたら結局患者様にも迷惑をかけてしまう。

そんな治療院がたくさんあります。

 

話を戻して

③選んではいけない鍼灸院その3

数打ちゃ当たる鍼灸治療

 

はい、たまに聞くのですが全身にはりをしたり

お灸をしてりする鍼灸院があるのですが

お灸もはりも刺激です!

刺激が多くなると体にとって負担になります。

かえって、良くなりにくかったりするので

気をつけましょう。

 

よく、そういった鍼灸院に行った経歴がある方が結局じょいに来られるのですが

全然良くなっていないですね。

「やってもらった感」はあるそうです。

 

たくさんやってもらったら満足するタイプの方は

いいと思いますが

元気になりたい痛みを取りたい

悩みを解決したいのなら気をつけましょう。

 

④選んではいけない鍼灸院その4

鍼灸治療をして説明があまりないところ。

結構鍼灸治療をして鍼灸師の方から説明があっても定型分のまま話している人がいます。

その人の状態、その人の身体を触診した感覚から

どういう状況で、どこにどう狙って施術して

結果どうだったのか、どのような計画で改善していくのかを

説明しないところは気をつけましょう。

 

なぜなら、腰痛の人はとりあえずココ

肩こりの人頭痛の人はとりあえずココ

というようにその人の状態を見ずに鍼灸治療をしてしまっているケースがあります。

なのでこういったところは気をつけましょう。

 

⑤選んではいけない鍼灸院その5

鍼灸治療が実費でしかやっていないところ。

これはですね。

治療者としてのマインドになってくるのですが、

鍼灸治療って保険でも受けることができるのです。

 

はい、毎回3000円とか払わなくても

3割負担とかで受けれます。

 

鍼灸治療って続けて受けて回復しやすい体質のも変えていくと思うんですが

毎回3000円とかって続けるのきつい人出てくると思いません。

 

せっかく国家資格で保険でも使えるのにそれをしていないって

もったいないというか、本当に患者様のためにしているのかなと疑ってしまいます。

 

なぜそういうことが起きるのかというと、

鍼灸を保険で扱うにはお医者様の同意書が必要になります。

 

だからそのために、医師に求めてもらうために

鍼灸師は認めてもらう医師を探さなければならないのです。

 

保険を扱っていないのは、ただ、医師に営業するのが

めんどくさいだけの可能性があります。

 

患者様の立場に立って本当に元気になっていただきたいのなら

保険でできるようにするはずです。

 

それをしないのはサボっているだけだと僕は思います。

 

そんなマインドの鍼灸師のところで治療を受けたいと思いますか?

 

僕だったら一生懸命、患者様のために

医師と繋がって、患者様のために挨拶してお願いして

保険でできるようにします。

「最近は同意を書いてくれない医師が多くて・・・」

という言い訳をする鍼灸師さんはほとんど営業したり

1件1件クリニックに電話かけたりしていません。

 

こういう鍼灸院は気をつけましょう。

 

いかかでしたか?

ざっくりですが5つあげさせていただきました。

皆さんも元気になるために鍼灸の治療を受けるときは

選び方に間違えないように気をつけてくださいね。

 

忠岡で整骨院を探しているならこちら
→→忠岡 整骨院←←

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0725313781

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒595-0805
大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-20-22
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線忠岡駅から徒歩2分 大阪信用金庫 ライフより徒歩30秒

0725313781

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
骨折・脱臼(オステオトロン)
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
ヘッドマッサージ
フットマッサージ
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
求人情報
WEB限定メニュー
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

じょい整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒595-0805
    大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-20-22

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線忠岡駅から徒歩2分 大阪信用金庫 ライフより徒歩30秒

エキテン口コミランキング1位
あいの泉クリニック 株式会社HCC
pagetop