じょい整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報 > その他の症状 > O脚について

O脚について

2018.02.16

じょいの荒川内です!!
O脚で悩む日本人の女性は多いと思います。

欧米人と比べると生活様式や歩き方、骨格などやはりO脚になりやすく目立つ人が多いのです。
O脚は様々な症状を引き起こしますが、足の疲れを引き起こす原因にもなっているのです。
案外、O脚と脚の疲れとの関係を知らない方が多いかもしれません。
O脚の人は、足が疲れやすくなります。
また足だけでなく、全身も疲れやすくなります。
酷くなると、立っているのも辛くなり、一種の虚弱体質のような感じにすらなっていきます。

O脚と疲労体質とは関係があります。
ではなぜO脚の人は疲れやすいのでしょうか。

それは、O脚になると、重心が左右に振れてバラバラになってしまうからです。
足の重心を正しく使えていないため、ムダな力が脚にかかるようになります。
ですので疲れない体質の人であっても、
O脚になるとすぐに脚が疲れるようになり、疲労体質のようになってしまいます。

美しい歩き方=疲れない歩き方です

O脚と脚の疲れをもう少し説明しますと、
正常な脚の方の場合、脚の太ももの骨から膝の関節、スネの骨、
足首の関節に向かって、まっすぐに重心が通ります。

脚の骨に対して自然に重心が加わる姿勢となっていますので、
脚にかかる力を骨全体で受けることができます。ですので脚には余分な力が加わらず、
少しの力で脚を支えることができます。

しかしO脚の方は重心が足の外側になります。
つまり大太ももの骨・膝の関節・スネの骨・足の外側に力がかかるようになります。
この結果、足の外側の筋肉に大きく負担がかかります。
反対に足の内側の筋肉にあまり力がかからなくなります。

そして頭部が左右に振れることになります。
重い頭が振り子のように左右に振れてしまうと
首の付け根に当たる肩周りに無駄に力が入るようになってしまうのです。
結果的に肩もこるし首も凝ります。

そのためO脚の方は、脚の外側の筋肉が発達し、
内側の内転筋が細くなります。O脚の人の脚は、
外側に膨らんだシルエットとなるのが特徴でもあります。

つまり太ももの筋肉のうち、真ん中と外側の筋肉は発達しているのですが、
内側の筋肉が未発達となり、アンバランスな筋肉の構成となっています。
またふくらはぎも外側にふくらんだ形になります。

内側の筋肉が萎縮し短縮していくと太ももの骨からスネの骨を引っ張り骨自体も変形させてしまいます。

脚の骨格に正常な重心が通らないことにより、
筋肉もアンバランスとなって、これが相互に関連しあって、
ますますバランスの悪い身体構造となって、疲れやすい脚となっていきます。

早い段階での骨盤調整と足の筋肉の調整と関節の調整、
そして正しい筋肉トレーニングと使い方の指導が必要です!

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0725313781

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒595-0805
大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-20-22
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
南海本線忠岡駅から徒歩2分 大阪信用金庫 ライフより徒歩30秒

0725313781

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
骨折・脱臼(オステオトロン)
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
ヘッドマッサージ
フットマッサージ
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
求人情報
WEB限定メニュー
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

じょい整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒595-0805
    大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-20-22

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    南海本線忠岡駅から徒歩2分 大阪信用金庫 ライフより徒歩30秒

エキテン口コミランキング1位
あいの泉クリニック 株式会社HCC
pagetop